映像スタッフ・アニメーターの実態調査結果の報道

 芸団協(日本芸能実演家団体協議会)の依頼を受けて、有原委員長が調査委員として参加した実演家、映像制作スタッフ、アニメーターを対象にした調査プロジェクトの結果が、11月2日に発表されました。この調査は、5年ごとに芸能実演家を対象に調査してきた実績を持つ芸団協に、文化庁から映画とアニメを調査対象にするようにとの依頼があって、昨年の夏から実施されてきたものです。有原委員長と映産労は、アニメーター調査に大きく貢献しました。
 2日に新宿であった記者会見の模様が、赤旗で報道されましたのでご紹介します。
 画像をクリックすれば、拡大して見やすくなります。

e0094164_119735.gif

[PR]
by eisanro | 2005-11-04 01:21 | 仲間の活動から
<< 映産労創立40周 第24回大会... 職場を守る宝塚映像労組のたたかい >>